Rescue Diver

レスキュー・ダイバー

PADIレスキュー・ダイバー・コースはさまざまなテキニックでダイビングの緊急事態を予防・回避し、必要な場合にはそれに対処できるように準備します。 大自然を相手に遊ぶレジャースポーツでは、ときとして予想外のアクシンデントに遭遇する場合もある。それらは、実際にはほんのささいなことがキッカケで大きなトラブルにつながるケースが多い。たとえば、スキンダイビングをしていて浮上時に水を飲んでしまい水面であわててしまったり、エントリー時や水中移動時にスクーバ器材をひっかけて身動きがとれなくなってしまったりといった、落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまう。こうしたトラブルが発生しても、すぐに対処できる知識をそなえるとともに、トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万一の事故の際の救命方法までを学のが、レスキュー・コースです。実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など現実に役立つ知識をトータルに 習うコースです。

たとえば救助法ひとつをとっても、救助を必要としているダイバーの精神面、状況、救助場所、環境の違いなどでその方法は変わってくるのだが、講習では、ビーチの場合、ボートの場合などのパターンを想定して、適切な方法をシミュレーション形式でひとつひとつマスターしていく。レスキュー・コースを受講することは、他のダイバーを救助できるテクニックが身につくばかりでなく、同時に自分自身のスキルアップが図れ、さらにはセイフティ度も格段に向上することになる。バディがレスキュー経験を持つ経験豊富なダイバーであれば、より安全性の高いダイビングが安心して楽しめることは間違いない。

レスキュー・ダイバー・コースは、ダイブマスター・コースなどPADIプロフェッショナル・ダイバーへのステップアップにも不可欠なコースです。

コース参加の条件

  • アドヴァンス・オープン・ウォーター・ダイバー以上でディープ・ダイビングと水中ナビゲーションを含む20ダイブの経験がログブックに記録されていること。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンスを2年以内に終了していること。

1. 申込み時にオリエンテーションを行います。
ダイビングを始めるにあたりPADI各種書類に記入。知識開発の自宅学習のやり方を説明。学科講習、プール講習、海洋自習の日程の相談、予約、マニュアル、ビデオが入る袋をご用意下さい。
所要時間:約1:30

2. ナレッジ・リビュ−答え合わせと最後に50問のテストを行います。
所要時間:2:00

3. レスキュー・トレ−ニング オープンウォーター・レスキューを行います。
所要時間:2日間

このコースはレンタル器材込みですが、身長180cm、体重80kg、胸囲100cm、足のサイズ28cm以上の方はレンタル器材がございませんのでご自分でご用意して頂くか当店にて格安で販売致します。

器材レンタル料:軽器材各¥510 重器材:レギュレ−タ−¥1,620 BC¥1,620
ウェットス−ツ¥2,160 ドライス−ツ¥4,320
※器材レンタルの料金は1日分の料金です。

料金:¥54,000-